一般社団法人次世代ブライダル協議会

お問い合わせ

次世代ブライダル協議会とは?

次世代ブライダル協議会とは?

国内の結婚関連ビジネスは、少子化の影響から、この先市場の縮小が危ぶまれています。現在、年間約67万組の婚姻件数がある中で、「経済的理由・授かり婚・セレモニーに興味が無い」を三大理由とした、ナシ婚層(入籍はするが結婚式はしない)の存在がその要因になっていると考えられます。結婚式が減少することで、「結婚式に招待される機会」も減り、結婚式という文化そのものに触れる人々が減ってしまうことが、業界の共通した課題です。この課題を解決し、未来に「結婚式の文化」を伝承していくことを目的に「次世代ブライダル協議会」を設立いたしました。一般社団法人次世代ブライダル協議会は、これからのブライダル産業の未来を担う若手経営者が、横断的に業界の活性化を図ろうと共同で企画を行い、結婚式件数の増加を目指すほか、雇用創出の為に啓蒙活動する事を目的としています。

参画企業一覧設立の想い

特徴

10の提言

情報の発信 業界内の利害や媒体の利害を超えて、ブライダルに関する情報の共有・発信を行います。
婚礼業界のシンクタンク 業界内にまつわる様々なデータを統計化し、正しく業界の現在と未来を予測可能にします。
婚礼スタイルの多様化への対応による婚礼実施率の向上 新たな婚礼スタイルの価値観・概念を理解し、潜在ニーズの掘り起こしを行います。
顧客ニーズの多様化への対応による婚礼実施率の向上 インバウンド、セクシャルマイノリティ、シルバーなどの婚礼への理解を示し、可能性の検証と機会創出します。
市場の拡大と他産業との協業 業界内の競業性を打開し、協業に努め、業界周辺領域と情報交換を行います。
採用に関する課題解決 優秀な人材獲得しやすい環境整備や採用マーケットに対する情報発信の機会を増やします。
労働環境に関する課題解決 女性が活躍しやすい就労環境の構築を行い、業界プレゼンスの向上に努めます。
教育に関する課題解決 業界全体で階層別の横断的教育機会を提供し、サービスクオリティの向上、業界内教育精度の向上に努めます。
透明性の追求 他産業に比べ旧態依然とした慣習を排除し、マーケットの実態を明らかにすることで、20年、30年後の業界の存続に努めます。
文化の創造と継承、価値向上 少子化、情報化やグローバリゼーションなど時代の変化を受け入れ、文化を守ることに執着せず、文化を創造します。

活動内容

2014年1月31日NGBC第1弾合同キャンペーン「ご親族の未成年招待客お食事代無料/Under 20 FREE」

年間約67万組の婚姻件数がある中で、「経済的理由/授かり婚/セレモニーに興味が無い」を三大理由とした、ナシ婚層(入籍はするが結婚式はしない)が存在しています。結婚式が減ることで、「結婚式に招待される機会」も減り、結婚式という文化そのものに触れる人々が減ってしまうことが、業界の共通した課題です。この課題を解決し、未来に「結婚式の文化」を伝承していくためには、感性豊かなたくさんの若者に、早いタイミングから素敵な結婚式に列席し、体感していただくこと、その機会にふれるチャンスが一度でも多くあることが重要、と思うに至りました。この思いに共感した4社が2014年1月31日より、期間限定で、業界初『ご親族の未成年招待客【お食事代無料】』を共同開催しました。また業界全体で「若者の結婚式参列、ならびにご招待」を促進することで、未来の花嫁、花婿の幸せな結婚式が増えるよう、結婚式の文化を伝承し、幸せな結婚式が増える基盤を作っていくことが狙いです。


イベント情報

ページトップへ